ねくねみねねれーしょん?

ぐだぐだぽえむ

冬の月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その笑顔だけは嘘であって欲しくない

 

語りかけてくる君はまるで月のよう

騙りかけてくる君はまるで太陽のように

 

無理にでも笑ってくれる

 

屋台の灯りは少し眩しい

灯台の燈りは少し寂しい

 

海に映る火花の明りは

とても麗しくて

 

月のように

強く明るく

憎く妬ましく

嘘で虚言で偽りを固めて

ただ

笑って

 

海に映る君の影は

暗い海を明るくしてるようだった

 

本当の月は

泣いていた

 

本当の君もまた

泣いていた

 

海に映る光たちは

夜の闇に

月の闇に

呑まれていってしまった

 

笑っていたかっただけなのに

 

ただ

打ち上がる花火だけは

 

その笑顔を照らしていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌寒い秋の朝

白く染る空

疲れの取れない月曜日が幕を開ける

 

あ、でも明日は祝日だ

 

特別な日だ

 

誰かのためでもなく

休みを祝う日

 

馬鹿らしい言い分ばかりの日本に

天皇が即位するらしい

よく知らないけど

 

害鳥からゴミを守るネットを

只管につつくカラスを見守りながら

 

今日は燃えるゴミの日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38.8℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡したくない過去

私らしくない未来

 

 

囚われると辛くなる

考えると暗くなる

過去も未来も同じように続いている

 

 

変えるのは過去じゃない

買えるのは未来じゃない

飼えるのは今だけだったんだ

 

 

広く浅い未来に歪みが見える

 

苦手だ

 

 

憧れだった世界が

 

どうしても苦手だ

 

 

君との出会いを信じきれる

君との掛合いの真を切れる

 

 

歪んだ過去を歪みかえせる

 

歪んだ愛を歪みあえる

 

 

浅はかな嘘

深くない朝

眠れない夜

 

踊れない夜は無いから

 

 

体温計の数値を疑って

明日も会えると信じてる

 

未読の数が増えていく

 

仕事の依頼

嚥下の依頼

 

塩化できない理由なんて

 

理系な君にしか分からない

 

 

軽くなって消えた

重くなって消えた

 

 

そんなことしか分からない

 

 

確かめた君の声

 

覗いた未来の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙の注意事項を訂正します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人きりの夜

虚ろな視界には何も映らない

 

冷えた部屋に

山積みの洗濯物

 

冷房のタイマーが切れ

音も居なくなる

 

一人だけの夜

 

 

山羊を数えたいのに

二人だけだった夜を

数えてしまう

 

失った日々を取り戻す

失った信用を取り戻す

失った記憶を呼び戻す

 

綺麗事ばかりな下世話に

綺麗事図りな世知辛さ

 

君の答えは僕じゃないけど

僕の問題は君にしかないから

 

マークシートの代わりに

カレンダーを黒く塗り潰しておいてよ

 

鍵とか返そうとしないでさ

 

 

君といたあの街は

夜でも灯りが騒いでいた

 

僕のいるこの街は

嫌でも辺りが騒いでいる

 

何にもない街だけど

君は好きそうだよ

 

暗い夜に燭る炎に

 

居たい

 

 

 

 

 

 

 

痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居たい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打上花火

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海と花火

夏を無理やり感じる

 

打ち上げられた花火を下から覗き込む

君の汗ばんだ顔もキラキラと輝いていた

 

終いの静けさに負けない笑顔を

静かに覗き込んでいた

 

遠く果てしない海を

頼りない光の照らす海を

 

ずっと忘れたくなかった

 

君ではない誰かと見た海

君ではない誰かと見た花火

 

暗くて涼しい夏の映画館で

誰かと見た打上花火

 

あの日の海を

あの日の花火を

思い出せなくなった

 

忘れたなんて言えない

嫌いだなんて言えない

離れてなんて言えない

 

臆病で情けなくて

強がっても笑われる

 

消えていった花火のように

忘れられた海の光のように

 

君といたあの夏のように

 

やり直せなくてもいいからさ

思い出くらいは残してよ

あたしくらいは忘れないでよ

嘘でもいいから笑ってよ

 

散った花火は

夜空から忘れられた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最低賃金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揺らぐとか言ったけど

無理して無神経になってるわけじゃないし

 

 

変わるとも言ったけど

変われない自分に酔ってもいないし

 

 

在り来りなセリフだけど

言い回しみたいに流してなんかないのに

 

 

軽々しい何かが

風で飛ばされていった

 

 

 

 

 

嘘なら嘘だって話してよ

嫌いならちゃんと別れてよ

嘘でもいいから愛してよ

嫌いでもいいから

側に居てよ

 

 

在り来りな女でいいから

軽いなんて思わないでよ

 

 

 

 

 

 

何が重くて

誰が軽くて

 

 

自分に纏った鎧の軽さに負けて

腕を切るカッターの軽さに負けて

 

意志の軽さにも気づけてない

 

 

 

 

重くなれないなら

どこかに飛んでいってしまえ

 

 

 

 

 

ふとした軽い言葉も

鉄球のように重く

そして冷たく

 

 

 

 

 

曖昧な虚ろと

見せびらかす弱みと

勘違いの顕示欲に

 

溺れている自分が怖くて

怖くて堪らない

 

 

 

 

もう大人だから

 

もう子供みたいなことしないから

 

 

 

4%くらいで酔えるなら

 

 

 

残りの96%をちゃんと信じてよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛気臭いあれとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人のあれ

とか

そういう言い回しみたいな

取り柄のない気持ち悪さ

とか

 

取り柄のないといえば

とか

話し始める

在り来りな辛気臭さ

とか

 

何もかも受け容れたくない

嫁と離れた新生活の夜

とか

 

寝る前に通話できないから

あとは察してよ

とか

 

自ら気持ち悪くなりたい

辛味もない在り来りなピンサロ嬢

みたいな

とか

 

元カノの末路を嫁とネトストする

とか

 

そんな在り来りにすら出会えない

電車で騒ぐ気持ちの悪いオタク

とか

 

こんなヤツらと同じ大学に行って

何してんだか

とか

 

結婚したって何も変わらねえから

とか

 

祝儀だけ貰ってやるから

とか

 

うっせーから黙ってろよブス